いちょうの会2008年活動日誌 

   ☎・06-6361-0546・☎ いちょうの会のあゆみお知らせお問合せ関連リンク
      相    談

  
   
 ● クレジット・サラ金相談
    ● ヤミ金・小口相談
     商工ローン被害相談
     年金担保被害相談

      解 決 策

    特定調停解決
  
      
 自己破産の申立

          個人再生の申立
   いちょうの会の活動趣旨
 
 現在、いちょうの会は被害者の方、ボランティアの方、いちょうの会の趣旨に賛同した法律専門家の弁護士・司法書士が一丸となって活動しています。
 活動内容は、いろいろな事情により、多重債務に陥った被害者の法的救済を含めた経済的自立の支援と高利貸の根絶です。
 こちらに相談にこられた被害者の方は、自分で業者と交渉したり、書類の作成をしたりしています。それは自分の今までの生活態度や何故多重債務に陥ってしまったのか、また今後の生活設計を考えてもらうためなのです。そのためのサポートを私たちは主眼にして活動しています。
 そのほかに年数回ヤミ金・サラ金被害根絶のための各種運動も行っています。
  
  【ヤミ金融の撲滅を求める決議】

 2003年6月14日未明、大阪府八尾市でヤミ金融の執拗な取立てを苦に鉄道自殺した痛ましい事件が起こった。そこで、大阪いちょうの会は、大阪府警に対しヤミ金融摘発強化の要請をなし、ヤミ金融相談会の実施ヤ
ミ金融対策法の立法運動などを行った。
 上記事件を機に、ヤミ金融の取締りを求める運動が盛り上がり、同年にヤミ金融対策法が成立した。取締りの強化によってヤミ金融被害は表向き減少したものの、暴力的・脅迫的取立ての被害者は後を絶たない。
 ヤミ金融が狙うのは、消費者金融の高金利・過剰与信によって量産される多重債務者である。
2006年12月に貸金業規正法及び出資法等が大改正され、2007年1月から年109.5%を超える高金利及び無登録営業に対して懲役刑を長期10年、罰金刑を最高3000万円に加重する規定が前倒し施行された。次いで年内に取立規制が強化され、2年後を目途に改正貸金業規正法は完全施行される。これにより、多重債務者を生み出す貸金業の構造が抜本的に改革されることが期待できる。
 一方、2007年4月、政府は「多重債務問題改善プログラム」を策定し、国や自治体が取り組むべき課題として「闇金融の撲滅」を揚げている。
 今後、金融機関や行政、警察等の各関係機関との協力体制をより一層強化して、ヤミ金融業者を摘発し再起しないよう徹底的につぶす必要がある。
 そして、格差社会や貧困という状況の中で生活破綻に追い込まれた多重債務者がヤミ金融に狙われないように、相談体制を拡充・整備していくことが急務である。
 
① 10日で3割~5割(年利1000%~2000%)の利息を取るヤミ金融業者は出資法第5条2項に違反し、10年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金に処せられる違法行為・犯罪行為です。
② ヤミ金融の貸付契約は公序良俗(民法第90条)に違反し貸付契約は無効です。よって利息は全く払う必要はありません。
③ 借入れた元金は不法原因給付(民法第708条)に該当するので債務が残っている場合でも法律上支払義務ははありません。従って法律上は「ヤミ金から借りたお金の返還義務はない」「返済したお金は不当利得なので返還請求」できます。
④ ヤミ金業者の出資法違反の貸付行為は「貸金に名を借りた違法行為の手段にすぎず民法上の保護に値しない」としてヤミ金業者の貸金・元本の返還を認めず「被害者がヤミ金業者に支払った全額が不法行為に基づく損害である」として被害者がヤミ金業者に支払った全額を支払えとの05年2月23日札幌高等裁判所判決は06年3月7日最高裁上告棄却判決により確定しました。
⑤ 被害者が自分の言葉でヤミ金業者に対して「出資法に違反し、10年以下の懲役になる犯罪行為である」「法律上支払義務はない」「支払ったお金は返せ」ということをしっかり言えるようになることが大切です。
⑥ 被害者が「ヤミ金融に負けない決意」で毅然と闘うならば必ず解決できます。相手の暴力的な乱暴な言葉、どんなに怒鳴られようが、脅されようが、挑発には乗らず冷静に対応することが必要です。
  
  【いちょうの会】の理念


 高金利被害が社会問題化している今日、多くの市民が返済のため生活を破壊され、人権を無視した不法な取立てに
 震えながら一人で悩み苦しんでいる。
 当会は、このような多重債務に苦しむ人々を、社会構造ゆえに発生する被害者であるととらえ、社会正義実現のため、
 被害者自身が自らの尊厳と人間らしい生活を取り戻し、基本的人権を享有できるよう、サラ金・クレジット被害根絶を
目指すものである。

 当会の理念は、以下の通りである。

 
第一 会員が、相互に力を合わせて、人間性の回復と生活の立て直しをはかる。
 第二 会の諸活動を通じて会員の信頼を輪を拡げ、一人で悩み苦しんでいる被害者の救済をはかる。
 第三 高金利被害は基本的人権の侵害であるという認識をもち、被害救済・防止のためのあらゆる運動を展開する。

  【行動指針】

 1,会員は、被害者が借金のために生存権や人間としての尊厳を奪われていることを認識し、この被害が社会の
   構造から生み出されるものであることを理解する。被害者はこの認識のもとに自ら健全な生活を取り戻す。

 2,会員は、人間性の回復と高利貸のない社会を目指し、闘う被害者・闘う専門家になる。

 3,会員は、常に被害者の視点に立ち行動する。
 
 4,会員は、相談者のプライバシーも重要な人権であることを認識し、知りえた秘密を守る。

 5,会員は、会の民主的な運営を徹底する。

 6,会員は、不偏不党・個人参加の原則を貫く。



       【いちょうの会 2008年度 活動日誌】 
 
 
08年2月
  ・10日いちょうの会第17回定期総会・16日近畿被害者の会打ち合わせ会議・27日幹事会
 3  月
  ・2日奈良若草の会総会・7日五菱会ヤミ金裁判・8日3月度いっちょー会・13日過剰与信委員会
  ・15日北陸クレサラヤミ金対策会議(金沢)・22日近畿被害者の会打ち合わせ会議・26日幹事会
  ・27日調停委員会・反貧困フェスタ(東京)
 4  月
  ・4日ヤミ金対策委員会・5日クレサラ対協拡大幹事会(秋田)・6日被連協代表者会議(秋田)
  ・7日行政対策委員会・12日4月度いっちょー会・12日近畿被害者の会打ち合わせ会議・14日
   ダイエーリース検討会議・15日家計管理委員会・19日アエル110番・23日幹事会・24日
   過剰与信委員会・25日特定調停委員会・27日尼崎あすひらく会総会
 5  月
  ・10日5月度いっちょー会・10日びわ湖あおぞら会設立総会・11日被連協3役会議・13日全国一斉
   過払い金返還請求・13日ヤミ金対策委員会・16日大阪府消費者フェアー講師派遣・16日特定調停
   研修会・17日近畿被害者の会打ち合わせ会議・17日依存症研究会・19日ヤミ金研修会・28日幹事会
  ・28日京橋・中郵街頭宣伝・30日ヤミ金相談会110番・31日特定調停110番
 6  月
  ・5日あざみの会総会・6日過剰与信委員会・6日大阪府多重債務対策協議会・7日近畿被害者の会
   打ち合わせ会議・9日ヤミ金対策委員会・10日五菱会最高裁判決高松分・11日第11回全国ヤミ金
   一斉告発・14日近畿被害者の会打ち合わせ会議・14日6月度いっちょー会・16日家計管理委員会
  ・21~22日近畿被害者交流集会・25日幹事会
 7  月
  ・3日自治労連労金推進交流会講師派遣・4日反貧困キャラバン実行委員会・5日クレサラ対協拡大
   幹事会(福井)・6日被連協代表者会議(福井)・6日セーフティネット全国会議・8日ヤミ金対策委員会
  ・9日研修委員会・9日特定調停委員会・12日7月度いっちょー会・12日反貧困キャラバン西日本ルート
   出発・13日反貧困キャラバン東日本ルート出発・16日家計管理委員会・18日ヤミ金携帯電話番号
   1500件を大阪府警、近畿総合通信局へ提出・19日消費者法ニュースリレートーク集会・20日第27回
   被連協総会(神戸)・21日クレサラ対協実務研究会(神戸)・23日幹事会・25日反貧困ネット
 8  月
  ・1日反貧困ネット実行委員会・6日ヤミ金対策委員会・6日研修委員会・7日反貧困ネット実行委員会
  ・8日行政対策委員会・8日府社会福祉協議会研修会講師派遣・9日8月度いっちょー会・11日大阪弁護士会
   五菱会回復手続き説明会・20日特定調停委員会・24日たたかう平安の会10周年記念式典・24日セーフティ
   ネット貸付実現神戸集会・27日幹事会・30日平安の会総会
 9  月
  ・1日反貧困ネット実行委員会・13日9月度いっちょー会・13日近弁連非正規労働者・17日ヤミ金対策委員会
  ・20日ヤミ金対策シンポ茨城・24日幹事会・26日ゼロゼロ物件対策会議・27日「利息制限法を考える京都
   シンポ」・30日反貧困ネット実行委員会
 10 月
  ・1日特調対策委員会・1日研修委員会・4日協力会員研修会・8日いっちょー会運営委員会・11日10月度
   いっちょー会・11日クレサラ対協拡大幹事会(北九州)・12日被連協代表者会議(北九州)・12日山形
   さくらんぼの会結成総会・15日反貧困キャラバンカー大阪入り~18日まで大阪キャラバン・15日反貧困
   貝塚集会・16日反貧困エル大阪集会・17日反貧困淀屋橋街宣・18日反貧困御堂筋パレード・19日反貧困
   東京中央集会・22日幹事会・23日追出し屋対策会議・24日全国ヤミ金110番・28日追出し屋110番・31日
   ヤミ金対策委員会
 11 月
  ・8日11月度いっちょー会・8日第28回全国被害者交流集会~9日(秋田)・10日追出し屋対策会議・12日
   特定調停委員会・13日五菱会説明会(国労会館)・14日協力会員研修会・22日関西銀行の貸し手責任を問う
   第7回定期総会・26日幹事会 ・28日反貧困ネット実行委員会・28日追出し屋対策会議訴訟検討会
 12 月
  ・3日研修委員会・5日追出し屋一斉提訴・11/8~9全国交流集会伝達研修会・6日近畿被害者交流集会
   伝達研修会・6日多重債務対策支援講座in大阪・9日全国一斉ヤミ金告発・9日追出し屋対策会議
  ・10日特定調停委員会・13日12月度いっちょー会・14日富山被害者の会結成総会・17日幹事会
  ・18日家計管理委員会・22日全国被連協3役会議  ・23日クレサラ対協常任幹事会・24日明るい
   クリスマスと正月を!年越し電話相談会
 09年1 月
  ・10日特定調停ミニシンポin大阪・10日1月度いっちょー会・10日クレサラ対協拡大幹事会・新年会
  ・11日被連協代表者会議  ・14日いちょうの会3役会議・15日研修委員会・19日反貧困ネット実行委
  ・21日追出し屋対策会議・23日半貧困ネット実行委  ・23日生田武志氏との懇談会・24日近畿被害者
   交流集会実行委・27日家計管理委員会・28日幹事会 ・30日協力会員研修会・31日全国ヤミ金対策会議
   総会・31日高金利引き下げ全国連絡会議総会
 2  月
  ・2日ヤミ金対策委員会・3日大阪府市町村民生委員児童委員協議会会長研修会講師派遣・4日反貧困
   ネット実行委・4日特定調停委員会・4日家計管理委員会・6日研修委員会・9日追出し屋対策会議